日本で寄付やボランティアが流行らないのは、社畜が多いからかもしれない



皆さんこんにちは。

こう見えて、実は結構世の中の問題に関心のあるMASUDAです。

改めて記事にしようと思っているのですが、今個人的に応援しているのが

オレンジリボン(児童虐待防止)
Chance for Children(塾などに通うための教育バウチャー支給)

といった団体です。

こうした団体は基本的に、個人の篤志家による支援で成り立っています。
みんなでもっとがっつり支援すれば、さぞかしこういう団体も楽になるだろうな・・・と思うのですが、なかなかそううまくもいきませんね。

これってなぜなんでしょう。
日本で寄付文化が根付かない理由についてはいろんな人がいろんな研究をしていますが、私は仮説として日本の社畜文化が悪影響を及ぼしていると考えています。

ちょっとした思考実験みたいな感じですが、当たらずとも遠からずだと思いますよ!

まずもって、社畜だと気力が出ない

「衣食足りて礼節を知る」じゃないですが、長時間労働にどっぷり浸かっていたり、仕事からくるストレスに四六時中悩まされている状態だと、そもそも他人のことを思いやるに至らないですよね。

それより、まず俺が休みたいんですけど・・・ってなっちゃいます。

自分のコンディションを何とかプラマイゼロに持っていくのがやっとなんで、それで困っている人を助けろ、というのがそもそもしんどいわけです。

会社がやってるからいいじゃん、と思ってしまう

最近だと、大企業を中心にCSR(企業の社会的責任)活動が盛んで、大体どこでもそういうことをやっています。

これはこれで、非常にいい仕組みではあるのですが、ややもすると「会社がやってくれるだろう」とか、もっと言うと「そんなのCSR担当部の仕事」みたいになりかねません。

後者は特に問題で、CSR=仕事=その部署のやること=自分には関係なし、みたいな思考回路が出来上がっているとしたらまずいですよね。

もうちょっと穿った見方をしてみましょうか。

CSRを表向きは一生懸命やっている会社があったとしましょう。
けど、その裏で社員はみんな疲弊しており、社畜と化していたとしたらどうでしょうか?

きっと、そういう会社に勤めている人たちからしたら、

「何が悲しくて寄付やボランティアなんてせにゃいかんのじゃあ」

ってなりますよね。これは会社が悪いんですけど、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、みたいな話になっているとしたら、社会的には大きな損失です。

社畜になると、「外」の人間のことなど気にもしなくなる

個人的にはこれも結構あるんじゃないかという気がしています。

家庭を顧みず、仕事一筋になった結果定年後に熟年離婚の憂き目をみるおっさんたちの例を引くまでもなく、社畜生活にどっぷりはまって、会社がすべて!みたいなマインドセットになると、会社以外のことには極端に鈍感になることは想像に難くないでしょう。

何をおいても会社がすべてな人に、「世の中には困ってる人がいて・・」という話をしても響かないのです。

彼らの世界はオフィスだけで、そこにいる住民は同じ会社の社員のみです。それ以外の人間は視界に入らないというか、入ったとしても同じ人間とは思わなくなってしまっています。

ターミナル駅で、ホームレスをまるでそこに存在しないかのように無視して通り過ぎる会社員を毎日のように見かけませんか?
たとえばそんなことです。

究極の理由:「なぜ私がそんなことをしなければいけないのか?」

寄付文化が定着しない理由は数あれど、もっとも非人間的なのはこれです。

「そもそも、なぜなぜ」攻撃ここでも炸裂ですね。

経済合理性とボランティア精神というのは、最初から相容れないものがあるのは仕方のないことです。「会社はボランティアじゃないんだから」なんてよく言いますよね。

ただここで言ってるのは、個人として、純粋な善意で他人を助けたいかどうか、ということです。なので、合理性の議論はまず成り立ちません。

大体、他人を助けるのに、なぜも何もないんですよ。

もし、ボランティアや寄付をしない理由にこれを挙げる人がいたら、骨の髄まで会社文化に毒されていると思いますし、少なくとも私は絶対その人とは仲良くなれないと思います。

もちろん、だからといって人助けを強制もできないんですけどね。

まとめ

ということで、最後若干ボルテージが上がっちゃいましたが、仮説としては

・疲れていてそれどころじゃない
・会社中心主義のため、それ以外は自分に関係ない
・CSRは会社(他部署)の仕事だと思っている
・個人としても、理屈がないからやらない

というところあたりが、寄付やボランティアの根付かない原因なのではというところです。

もし自分にあてはまるところがあったら、ちょっと深呼吸して、「こんな考え方もあるよね」と思ってもらえたら幸いです。

さらに「これじゃやばいな」と思っていただけた方がいらっしゃったら、是非今日からちょっと行動を変えてみてください。

ほんのちょっとしたことで十分です。コンビニで1円だけおつりが出たら、レジの横にある箱に入れるとか、そんなので大丈夫。

ちなみに「夢をかなえるゾウ」でも言ってましたけど、募金してみるっていうのは自分も成功に近づく上で大事なことだそうです。

本日は以上です。最後までお読みいただきどうもありがとうございました!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です