怒りと恨みとビットコインの共通点に吉良吉影が気づかせてくれた奇妙な日



わたしには勝ち負けは問題ではない・・・

わたしは『生きのびる』・・・・・・  

平和に『生きのびて』みせる (吉良吉影)

皆さんこんにちは。  

吉良吉影じゃありませんが、「植物のように平穏に生きたい」と願うMASUDAです。  

久々にジョジョを読んだせいか、今日は完全にジョジョに影響されちゃってます笑  

タイトルもいつにも増して

「何を言ってるのかわからねーと思うが、順を追って話すぜ」!  

(シラフです、念のため・・・)  

怒りと恨みはつながっている

人間、腹の立つことって生きていればいろいろありますよね。

電車に乗れば足は踏まれる、会社に来ればしょうもない理屈ばっか言うヤツにイライラしたり、くだらない会議で時間ばかり取られる・・・。

もういい加減にしろ!と怒鳴りたくもなります。

それだけならまだしも、あまりに腹立たしいことがあったりすると、自分の中だけで消化できなくなってきます。

で、ひどい時はだれかに八つ当たりしちゃったりしてね。

でもコレ、ホントに危ないですよ。

怒ったほうは妙にすっきりしてしまって後は何も覚えていないですけど、怒られた方はしばらく引きずりますよね。

あるいは、それが引き金となって、新たな八つ当たりを生み、また怒りと恨みが拡大再生産されていく・・。

これが積もり積もって、事件に発展することだってあります。

・・・この怒りと恨みの関係、何かに似ているなあと思ったら、ビットコインでした。

ビットコインの仕組みが怒りと恨みの関係に似ている理由

知ってる人は読み飛ばしてもらえればと思いますが、最近話題になっている仮想通貨の中で最も有名な「ビットコイン」。

簡単に言うと、

「発行人のいない分散型通貨」

です。

これだけだとまだ「ハア?」ですよね。

ポイントは

「誰かが裏づけをしているわけではないが、みんながそれに価値があると思っているので価値が生まれている」

というところ。

価値がどうやって生まれているかについてはいろいろな説明ができますが、ここでは2つ挙げます。

ひとつは透明性

履歴という履歴がオープンなシステム上で管理されているので、不正がされないというのが特徴。

(これにはブロックチェーンという仕組みが使われてますが、今回の話には関係しないので省略)

もうひとつの価値の源泉は「特定の国家に依存しない」ということ。なのでデフォルトや政情不安とも相関がないから安心というわけ。

ちなみに、ビットコインは供給量が決まっていて、手に入れる方法は

  • 市場に出ているものを誰かから買う
  • ビットコインをコントロールしているシステムに自分のPCの処理能力を貸し出すことで「発掘」する

という2つしかありません。

もう何となくお分かりいただけたかと思いますが、この仕組みがさっき挙げた怒りと恨みの関係にソックリなんです。

怒りというのは、基本的には自分の外からの刺激で初めて沸いてくるもの。

言い方を変えると、怒りは自分の中から「発掘される」ものです。

片や、怒られ方が理不尽であればあるほど、恨みの残り方も強烈です。

いつ誰にどういう言い方されたかって、言われたほうはしっかり覚えているもの。

皆さんも心当たりないですか?

「あいつにあのときああ言われたのが今でも許せない」とか、

「お前はあのときああしてくれなかった」っていうのをずーっと引きずってる人・・・。

そういう人の心の台帳には、負の感情の取引記録がバッチリ記載されてしまってるのですよ。

こう考えてくると、まさに怒りや恨みというのは負の感情を裏づけにしたビットコイン取引みたいなものなんですね。

負の連鎖を断ち切るには

言うのは簡単なのですが、こうした負の感情取引市場の拡大を防ぐには、とにもかくにも

「怒らない」

こと。

自分の中でまず負の感情を発掘しないことなのです。

(ビットコインとの唯一の違いは、怒りの総量は無尽蔵だということです)

どっちが正しいとか、あまりこだわってもよくありません。

あるいは仮に怒ってしまってもそれを外にパスしないこと。

そうすれば誰かの心の台帳に載ることもありませんし、その取引がやがて逆に辿られて自分に返ってくる・・・なんてこともなくなります。

吉良吉影もこう言ってますよ。

「闘争」はわたしが目指す「平穏な人生」とは相反しているから嫌いだ・・・

ひとつの「闘い」に勝利する事は簡単だ・・・

だが次の「闘い」のためにストレスがたまる・・・・

愚かな行為だ。

会社なんてまさにこの怒りと恨みの取引オンパレードじゃないですか。

そりゃみんなイヤになるよね。

逆に、喜びや楽しさといったプラスの感情は、この理屈で行けばどんどんシェアしたほうがいいんでしょうね。

まとめ

ジョジョとビットコイン分裂の記事を同じタイミングで読んでいたらふとこんなことに思い至った次第です。

いやー、脳の中でシナプスがいい感じに波紋疾走しましたね。

ということで、会社で誰に何を言われようが、ビットコインが分裂しようが暴落しようが、怒らない、恨まない・・・笑。

波紋の呼吸を思い出しましょう。

それでもどうしても怒りたくなったらジョジョでも読みましょう。何なら一気読みで。

あれ、ポチらないの?

MASUDA

・・・いいや!「限界」だッ!押すねッ!

 

本日は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.