給料日前の金欠を解消?ピンチを乗り切るための給料ファクタリングとそのメリデメ



給料日は誰にとってもうれしいものですが、給料が振り込まれる前の数日はサイフの中身が寂しくなりますよね。

誰しも一度や二度は「生活費が足りないから給料前借りできないかな・・」と思ったことがあるのではないでしょうか。

とはいえさすがに言い出しづらいので、仕方なくじっと数日間耐えるのがいつものパターンではないかなと。

でも、これを会社にすら言わずに実現するシステムがあるといったら驚かれるでしょうか?

その名も「給料ファクタリング」という仕組みです。

使い方を間違えなければいざという時に役に立つので、知っておいて損はないと思います。

給料ファクタリングとは

まずはじめに少し仕組みの解説から。

もともとファクタリングというのは、企業が手数料を払って売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、現金を早期に回収する仕組みです。

これを個人に応用したものと思えばわかりやすいでしょう。

どういうことかというと、一般的に会社員の給料というのは締め日までの1か月分が、決められた給料日に支給されますよね。

この締め日までの給料をもらう権利は「給料債権」とも呼ばれているのですが、その給料債権の一部あるいは全部をファクタリング業者が現金で買い取ってくれるのです。

ただし、買取り時には企業のファクタリングと同様に、一定の手数料(数%~15%程度が多い)がかかりますので、その分を差し引かれた残りが手元に残ることになります。

で、給料日になったら、業者に買い取ってもらった分を精算する・・という流れになります。

 

給料ファクタリングのメリットは?

給料ファクタリングの主なメリットは以下のとおりです。

融資ではないので、利息はかからず信用情報にも反映しない

給料日前で金欠になると、キャッシングやクレジットカードを使うことがありますね。

そのときには利息がつきますが、あれは「他人からお金を借りている」のでそうなるわけです。

一方、給料ファクタリングは自分が持っている債権を業者に買い取ってもらうので、お金を融資する貸金業者とは全く別の取り扱いになります。

だれかに融資(借金)を受けたわけではないので利息もありませんし、借入れデータが信用情報機関に載ることもありません。

この、「給料ファクタリングは融資(借金)ではない」というところはとても大事なポイントですね。

極端な話、仮に与信がブラックになっていてクレジットカードやキャッシングができない人でも、給料がきちんともらえているのであれば利用できる可能性があるということなのです。

そこまでいかなくても、自分のクレジットスコアを下手に汚したくないな・・と思う人にもメリットがあるのではないでしょうか。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングでAIに評価されてみた【評価経済社会】

2017.12.04

誰にも知られずに、すぐ現金を調達できる

通常のファクタリングは3者契約といって、本来「ファクタリング業者、自分、会社」の間での契約になります。

でもこれだと、会社にファクタリングを使って現金を手に入れていることがバレてしまい、気まずいですよね。

それを防ぐため、業者と本人による2者間ファクタリングというサービスを提供しているところもあります。

たとえば、この【七福神】 という会社もそのひとつ。

これであれば誰にも知られることなく給料債権を現金化できますね。

審査も非常に早く、最短で即日の資金調達が可能なようです。

なお同社の場合、必要な書類は以下の3つになります。

給料ファクタリングの申し込み書類】
・顔写真付の身分証明書(運転免許証、住基カードなど)
・保険証
・直近2ヶ月分の給料明細または給料が振込みされている通帳のページ

これらを提示すれば申し込みから最短30分で給料ファクタリングによる資金化が可能ということです。

冠婚葬祭などの急な出費があるときなどにも助かりますね。

※なお、2者間ファクタリングは便利な分、3者間ファクタリングよりも手数料が高くなるので注意しましょう。

給料債権ファクタリングで「借りない」現金調達【七福神】

(応用編)会社の倒産リスクヘッジができる

ちょっとマニアックですが、もうひとつのメリットとして給与ファクタリングは万一勤め先が倒産してしまっても、自分に支払い義務は発生しない、ということがあります。

契約上、給料債権を業者に売り渡しているので、リスクはすべて業者が負ってくれているためです。

もちろん業者も会社がつぶれては困りますから、勤め先の財務状況をチェックしています。

そのため、給与ファクタリングを使うことで会社からの給料未払いリスクや、倒産リスクを事前に察知・軽減できるというメリットもあります。

給料ファクタリングは最終手段。デメリットもちゃんと把握しておこう

この給料ファクタリングを知ってしまうと、もうキャッシングに頼ったりしなくてもいいのでは?と思ってしまうかもしれません。

ですが、毎月これに頼るようになったらはっきり言ってとても危険です。

先ほど給料ファクタリングは手数料がかかるものの利息はかからないとお伝えしましたが、この手数料には要注意。

仮に2者間ファクタリングの手数料で10%とられるとしましょう。

その場合、年間の金利(単利)に直すとなんと120%くらいになってしまうのです!

ちなみに複利だと213.8%。どんな消費者金融よりも高いですね。

無担保ですぐ現金を用意してくれるからしょうがないのですが、こんなことを続けていたら、早晩家計が破綻するのは必至です。

 

大事なことなのでもう一度言いますが、毎月給料ファクタリングに頼るなどの安易な使い方はぜったいやめましょう。

ただ、それでもヤミ金に手を出してしまったりするよりはよっぽどマシだと思います。

本当にどうしようもなくなったときの「奥の手」として知っておいて、ここぞという時にだけ使うのが賢いやり方です。

まとめ

まだあまり知られていない「給与ファクタリング」という新たな資金調達の方法。

うまく使いこなせれば、給料日前につらい思いをすることも少なくなるかもしれません。

自分の信用情報を守りながら、急場をしのぐための有効なツールとして活用していきたいですね。

注意
投資もそうですが、資金調達も自己責任が問われます。
くれぐれも、ご利用は計画的に!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください