超個人的、死ぬまでに行きたい最高の旅行先3つ  



皆さんこんにちは。

人生が80年だとして、日数になおすと3万日に届かないことに思い至り愕然としています。

ホント、今のうちに食べたいものを食べて、行きたいところに行っておいたほうがいいですね。

よく

「ナポリを見て死ね」

とかいいますね。実はナポリは行ったことがあるので、私はもう

逝ってよし

なんですが、それでも個人的に「ここは生きている間に絶対行っておきたい」というところが3つあります。

せっかくなので、いつか行くことを念頭にブログに記しておこうと思います。
(行ったらもちろん追記します)

こんなところがあると知らなかったとか、自分も行きたい、と思ってもらえたら望外の喜び。
で、もし、このブログを読んだ人とこの3つの行き先のどこかで会えたら最高ですね。

 

死ぬまでに行っておきたい旅行先

1.猿島(日本)

まずは近場から。

(画像出典:http://digiq.jp/saru/

この猿島は東京湾にある無人島です。所属は横須賀市。

戦時中は首都防衛拠点として島の大部分が要塞化されたそう。

砲台が設置されたり、岸壁だったところがくりぬかれ、

レンガで覆われている外観から「天空の城ラピュタ」みたい、という人も多いとか。

 

たしかに言われてみりゃそれっぽいね。

ここは無人島なのですが、定期的に横須賀市から船が出ていて、ちょうど今は海水浴場としても賑わっているそうです。

けど個人的には、あえてこのシーズンは避けて誰もいなそうな冬場に一人で散策したいですけどね。

BGMはそうねえ・・TM Networkの「Still Love Her」なんかどうでしょう。

 

ただひたすら要塞跡をそぞろ歩いて、砲台から展望台に登り、島から東京のほうを見てみたいなあ。

考えてみりゃ不思議ですよね。戦争の名残が色濃く残ってる島で、海岸では若者たちが楽しそうに泳いでるってのも・・・。

 

あ、ちなみにここ、昔は

ショッカーの基地

でもあったらしいんで、戦闘員の生き残りにあったら写真撮っときます笑

 

行き方

京急線横須賀中央駅より徒歩約15分
JR横須賀線横須賀駅よりバス・徒歩で約15分(大滝町バス停下車)

このページがわかりやすいです。
https://www.tryangle-web.com/sarushima/access.html

 

2.チェンマイ(タイ)

次は一気にアジアまでぶっ飛びます笑

正直なところ、暑い国ってあまり得意ではないのですが、これだけはどんだけ汗かこうが蚊に刺されようが行ってみたいなあと。

タイというと、バンコクやらプーケットやらで

ウェーイ!!

ってなるパターンが多いですけど、あえてそこは外していきたい。

なお、このチェンマイという街はタイ北部にあります。直行便はないので注意。

何がしたいかというと、

「塔の上のラプンツェル」のシーンの元ネタにもなった
コムローイ祭り(イーペンランナー・インターナショナル・フェスティバル)に参加すること。

 

11月の満月の夜という、また何とも分かりづらい素敵なスケジュールのもと、無数のランタンが夜空に放たれます。

思わずPIXTA で写真買っちゃいました笑

 

これまた余談ですが、チェンマイというと「蹴撃手マモル」に出てきた

「チェンマイ・イーグル」

という必殺技をどうしても思い出してしまうのは私だけでしょうか。

 

すいません、めっちゃマニアックで・・・笑

 

行き方

ツアーもあるようですが、パックだと高いのでとりあえずチェンマイまで行って、現地ツアーに申し込むのが安上がりなようです。

Skyscannerで見てみたら、乗り換え1回でチェンマイまで4万から6万円といったところですね。

 

3.モラヴィア(チェコ)

最後はここです。結構マニアックかも。そしてあまり広めすぎたくないかも。
(どうせ誰もこの記事見てないから広まんねーよとか言わないで!!分かってるから!!)

 

モラヴィアはチェコ東部に広がる丘陵地帯で、見渡す限りの草原と果樹園などが広がっています。

今まであんまり東欧とかは興味なかったのですが、たまたま見つけたこの写真で、私は完全にモラヴィアに一目ぼれしました。

(画像出典:http://www.moshtravel.com/green-fields-of-moravia/)

すごいですよね?リアルドラクエみたい。

 

周りには何にもなさそうなので、到着するのも一苦労だろうと思いますが、ただただこの光景を眺めてたいなと。

基本レンタカーじゃないと行けないです。

できれば、ルパンみたいな車借りて行きたいですね。

 

でもって、朝太陽が昇るところから、夕方地平線の向こうに日が落ちるまで、何をするでもなくそこに佇んでみたいです。

ちなみにここは絶対に一人で行くほうがいい。

できるだけまわりの雑音を排除して、ひたすらそこに自分が存在することだけを楽しむっていう・・・。

 

なので、ここで会った方はすいません、話しかけずそっと見守ってください笑

3万日くらいしかない人生にこんな素敵な日があった、と思って人生を終えたいじゃないですか。

マジメな話、最後の最後に思い出す光景はできる限り美しいものにしたいと思っております。
(まだ先だと信じてますけど・・・)

 

行き方

なんとツアーがあることを発見してしまいました。嬉しいような悲しいような。
https://www.veltra.com/jp/europe/czech/ctg/183501:moravia/

ちなみに、自力で行くなら
プラハ→(電車)→ブルノ→レンタカー、もしくはブルノからキヨフという町までさらに電車を乗り継ぐという手もあるそうです。

 

けど、私は絶対このツアーでは行きませーん。何なら一言も発さずにずっと風景見てます。

暗いと言われようが気にしないもんね!

 

まとめ

どうでしたでしょうか。

皆さんも行きたいところを思い浮かべると日々のモチベーションがちょっと違ってくるかもしれませんよ。

 

いやー、この記事は追記が楽しみだなあ!

本日は以上です。最後までお読みいただきどうもありがとうございました!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です