クローバーフィールド続編を調べたら、JJエイブラムスの罠にまんまとはまった話



 皆さんこんにちは。

いきなり本題ですが、「10 クローバーフィールドレーン」っていう映画、見ました?

あれ、「クローバーフィールド」の続編ということになってますよね。
あの中途半端なやつ。

まあみんなが続編っていうんで、ちょっとおとなしくしてました。

が、しかし、やっぱり自分の気持ちにウソはつけないので、声を大にして言いたい。

コラ! J.J.エイブラムス!!

あんなもん、続編じゃねえ!!

スターウォーズとかスタートレックとか人の作品で遊んどるヒマがあったら、

ちゃんとした「クローバーフィールド2」作らんかい!!!

と。

そしたら、

どうも聞こえてたようです。

ということで、今回は来るべきその「クローバーフィールド2」と、JJエイブラムスの深謀遠慮について語ります。
(映画系の話なので、ネタバレ注意!)

クローバーフィールドとは?

さて、知らない人はすでにページを離脱されてるかもしれませんが笑、そこまで私が口角泡を飛ばして語る

「クローバーフィールド」って何やねん、というところから。

クローバーフィールドは、2008年公開の怪獣映画。

ニューヨークに突如現れた怪獣と米軍の戦いを、一般人がたまたま撮影していたビデオカメラが克明に記録していた・・・というストーリーです。

いわゆるPOV(一人称視点)で、手振れしまくりの映像がリアルである反面、映画館で見て「酔った・・・」という人もいました。

 

特に面白かったのは、今でいうバイラルマーケティングの手法が映画の公開前からいろいろ取られていたこと。

主人公のロブはタグルアトという日系の海洋掘削会社の社員という設定。
彼がめでたく日本にご栄転するので、そのパーティーをビデオ撮影しよう、というのが発端になっています。

(日本語のネーミングがおかしいのはご愛嬌。それ言い出したら、2014年のUS版ゴジラに出てくる「ジャンジラ」っていう町の名前とかマジ頭おかし・・・すいません何でもないです)

映画の中ではほとんど語られないくせして、ご丁寧にこの会社のHPがばっちり作りこまれています。

タグルアトが掘削を行っている海域で事故が発生した!というニュース映像までがYoutubeにアップされているという念のいりよう。こちらがその映像。

ほかにも、タグルアトの子会社が売っているSlusho!というジュースと、

その原料になっている「海底の蜜」という謎の物質の話もあります。一説にはこれが怪獣を呼び寄せたとも。

Slusho!のやたら気持ち悪いCMはこちら。

こういった謎解き要素にすっかりはまった人が続出。わたしも一時期ずーーっと謎を追いかけてました。

ですが!

こういう謎が!
すべて!

放置されてます!!!

映画自体も、怪獣はどうやら倒せてないらしいということはわかるものの、その後どうなったのか?とか、そもそも怪獣はどっから何しにきたのか?ということも謎のまま。

MASUDA
TV版エヴァンゲリオンの最終回以来のフラストレーションですよ。もう。

 

10クローバーフィールド・レーンは「血族」。ハア?

こんな感じですっかり放置プレーになっていたところに、やっと

「10クローバーフィールド・レーン」というタイトルの映画の話が伝わってきたのは2016年のことでした。

今回はあんまりバイラルなかったな・・・と思いつつ、あえて情報を遮断して映画館へ。

・・・何コレ。最後10分みたらいいやつやん。

本家クローバーフィールドの「世界観」を引き継いでいるというのは100歩譲って受け入れますが、見たかったのはあの怪獣と人類の戦いの結末です。

UFO1基とヘンな犬みたいなやつしばいたところで変わらんっつーの。

MASUDA
しかも最後、若干「世界侵略:ロサンゼルス決戦」みたいになってたし。

 

しかし、ついに続編らしい続編が?

すっかりJ.J.エイブラムスにはめられた気分で映画館を後にして、しばらく時間が経過しました。

やっぱり、納得いかねえな・・・。

その後もこちらの期待をよそに、「クローバーフィールド」続編の話は出たり消えたり。
しかし、ついに一筋の光明が。

JJが手がけていた、「ゴッド・パーティクル」というSF映画が、実はクローバーフィールドシリーズの続編であることが公式に発表されました!

今度は頼むぜJJ。

で、「ゴッド・パーティクル」のあらすじはこんな感じになるらしいです。

アメリカとEUが世界中を巻き込んだ大戦争を起こしている地球。さらにそこへエイリアンの侵攻が始まり、人類は存亡をかけた秘密ミッションを宇宙空間で行う。

宇宙ステーションでそのミッションの要となる粒子加速器の実験を行っていたアメリカの宇宙飛行士たちは、実験により突然地球が消滅してしまったことに気づく。

その恐ろしい事実に呆然とするのも束の間、突如現れたEU側のスペースシャトル。やむなく敵を船内に受け入れたアメリカの宇宙飛行士たちは、それがきっかけで恐ろしい体験をすることになり…

(出典:http://www.syfy.com/syfywire/rumor-day-leaked-god-particle-plot-reveals-cloverfield-connections

というSFホラー映画になるそう。

っておい。

いきなり地球なくなんの?

えっ、怪獣は??

プロットを聞いた時点ですでにポカーン、です・・・。

2018.2追記
ゴッド・パーティクルは、「クローバーフィールド・パラドックス」というタイトルで公開になりました!
あらすじや今後の展開予想なども下の記事に書いていますので併せてどうぞ。

 

クローバーフィールド・パラドックス、急襲す。あらすじと次回作以降の展開は?

2018.02.06

さらに人を混乱させるJJの陰謀

これだけでも衝撃的だったのですが、追い討ちをかけるようなニュースが。

実はもう一本、クローバーフィールドシリーズの映画が進行中らしいのです。

その名も「オーバーロード」。

こちらは第二次世界大戦が舞台で、ナチの秘密実験の情報をつかんだアメリカの空挺部隊が、潜入した敵地で予想外の何かと遭遇する・・・というもの。

実はここで、ナチスドイツと同盟関係にあった日本の企業であるタグルアト社の起源も明らかになる・・・という話がまことしやかにささやかれています。

続編を期待していた身としてはうれしいんですけど、想像をはるかに超えた世界のひろがりぶり。

JJはこちらの予想のはるか斜め上を行っていました。

まとめ

いやー、やられましたね。すっかりJJの思うつぼ。

おかげでまるまる紹介記事を1本書いてしまいました。

SF好き、怪獣映画好きの方なら「クローバーフィールド」は間違いなく一見の価値ありです。

10 クローバーフィールド・レーンは正直どうでもいいですが、これからやってくる続編2本に期待しましょう!

 

 

最後にもう一度言います。

頼むぜJJ!

本日は以上です。最後までお読みいただきどうもありがとうございました!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です