太陽光投資で稼ぎたい人寄っといで。1年間の収支実例を公開するよ



皆さんこんにちは。

東日本大震災を境に、日本でも再生可能エネルギーへの投資が一気にさかんになりましたね。
特に太陽光発電は補助金が充実しているため、投資されている人も多いみたいです。

 

ですが、補助金の額が徐々に下がってきているのも事実。

今から投資するのはどうかな・・・と思っている方も多いのではないでしょうか?

当然儲からないならやりたくないですもんね。

 

しかし、私は補助金がかなり下がったタイミングで投資しています。
その上買ったあとはほったらかし。それでもプラスになっていますよ。

投資手法などについては詳しいサイトがいくつもあるのでここではご紹介しません。

単純に、太陽光投資って儲かるのかどうか?という疑問に対する答えを、数字で示したいと思います。

私のこの1年の結果が皆さんの投資判断の一助になれば幸いです。

私の太陽光投資物件概要

まずちょっと物件の中身からお話しますね。

通常は用地の取得からなのですが、ラッキーなことに私はパネルを設置できる場所がありました。

超ど田舎のちっこい土地なので、そんな自慢するほどのもんでもないですけど・・・。
あと、パネルは屋根の上ということだけ申し添えます。

 

せっかくある場所を遊ばせておいてもしょうがないので、業者さんをいろいろあたり始めました。
で、出てきたのが以下のようなシミュレーション。

シミュレーション

  • パネル価格(工事代込み):950万円
  • 予想売電収入:年間100万円強
  • 表面利回り:10.5%

さすがに950万円も手元にないので、ローンを申し込むことになります。
ローン条件はこんな感じ。

  • 期間:15年
  • 利率:2.6%
  • 金融機関:某信販会社

※業者さんいわく、全額ローンでOKとのことでした。

 

MASUDA
うーん、微妙・・・。

ということでお値段交渉の結果、最終的にこうなりました。

交渉後のシミュレーション

  • パネル価格(工事代込み):885万円
  • 予想売電収入:年間100万円強
  • 表面利回り:11.3%

※ローン条件は同じ。

不動産投資と一律に比較もできないことは重々承知です。

ただ、最近高騰しまくりの不動産市場の現状からすると、利回りは悪くない水準。

多少シミュレーションは割り引いて考えるとしてもまあ収支は合いそう。

ということで本プロジェクトはGO!とあいなりました。
(細かいところを省いてますので、詳しい方はいろいろ突っ込みたくなりますよね。そこは暖かく見守っていただければと・・・)

 

太陽光投資の結果(初年度)

細かいことはいいから早く結論教えろよ!という声が聞こえてきそうですので、

早速1年間まわしてみた結果をお見せします。

まずは発電量シミュレーションと実際の差から。

 

で、ローンを差し引いた収支についてはこんな感じ。

やっぱり、業者によるシミュレーションはかなり楽観的でしたね。予想の85%でした。

物件の収支は、885万円つっこんで年間の税引前利益が約11.6万円。

これを高いとみるか低いとみるか。

投資利回り(1年の利益÷総投資額)でみると約1.31%。

ただ、今年は1回目のローン支払い額が多いので、そこを調整すると1.53%となります。

株式投資と比較してみると、日経400企業の平均配当利回りとほとんど同じレベル。

そう考えるとまあ、悪くない水準ではないでしょうか。

何せ自分のお財布からはお金が出ていない分、ある意味投資効率は無限大なわけで。

 

また、太陽光発電は20年の買取保証ですから、15年ローンを払いきったあとまるまる5年は全額が売電収入です。

今のペースで行けば400万円くらい入ってくるってことですね。楽しみー。

メンテナンスとかパワコン(80万円くらいする)の交換もあるでしょうから、先々予断は許さないところですけどね。

一方で、保険は今回販売代金に含まれてました。 なので不測の事態には一定対処できそうです。

 

なお、20年経過後はあらためて売電契約を結びなおす必要があります。

が、メンテさえちゃんとやっていれば細々とでも収入が継続するところもいいですね。

 

結論としては、正直一度に大金が入ってくるわけではないです。

ただ、将来に備えて手堅く投資したいという人はぜひポートフォリオに入れておいていいでしょう。

 

太陽光投資をしてみてわかったこと

ざっくり、今回投資してみてわかったポイントをまとめてお伝えします。

太陽光投資のポイント

  • 買取価格が決まっているので、設備購入金額をいかに下げられるかが勝負。
  • 表面利回りはやはり10%以上はほしい。
  • 業者シミュレーションは必ず割り引いて考える。85%くらいでみておけばいいかと。
  • 特段他の費用は発生しない。保険もついていて、突発的な費用はそこまで恐れなくてもいい。
  • 資金調達はわりとカンタン。スタンダードは「15年、金利2.6%」。
  • 買取単価24円でも利益は出た。32円、36円の土地付き分譲だったらもっと利益出てたかも。

 

MASUDA
次回は買取単価のもっと高い案件を狙ってみようと思います。

 

これから太陽光投資をやってみたい人へのアドバイス

2017年現在、買い取り価格は21円まで下がっていますが、いまは中古物件も多数出回っています。

また。買取価格がもっと高かった時代に申請を済ませていて、既得権的に高い買取価格が維持されているものも探せばけっこうありますよ。

しかも太陽光パネルの価格はどんどん下がっているので、そういう土地と新品のパネルを組み合わせればさらに利益が見込めます。

正直、そっちにしとけばよかったかも・・・。

これから土地も込みで探したいという人はそういう物件を狙っていくのがおススメです。

いい物件は瞬間蒸発しますので、これは!と思うものを見つけたらどんどん見積もり依頼しましょう!

(あえて私の使った業者は紹介しませんので、皆さん自身にとって一番いいところを選んでくださいね。)

儲かったらぜひ教えてください!

本日は以上です。最後までお読みいただきどうもありがとうございました!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.