飲み会の幹事で誰にもばれずに儲ける方法3つと、その最適化戦略を考えてみた



みなさんこんにちは。

歓送迎会や忘年会、新年会などで幹事を引き受けることってありますよね。

幹事は気苦労も多くてめんどくさいものですから、あまりやりたくないという人のほうが多いのではないでしょうか。

 

一方で、巷には「幹事で稼ぐ方法!」というのがいろいろ出ています。

今回は、そうした「幹事で稼ぐ」方法をもっとも効果的に使うための最適化戦略を考えてみました。

 

最初に結論を言ってしまうと、私が考えた幹事が儲けるための最適化戦略は以下のとおりです。

①キャッシュバックが使えるサイト「ぐるリザ」から予約する店を探す
②仮にいい店がなければ、食べログのTポイントが貯まる店を探す
③上記①、②いずれの場合も、支払いは幹事がカードを使って精算しポイントを貯める

 

この方法をマスターすれば、あなたも明日から幹事をやりたくてしょうがなくなるかも!

 

戦略その1:ひそかにキャッシュバックされる店を選ぶ!

幹事業務のうまみは、お金がめぐりめぐって自分に戻ってくることにあります。

その点でいけば、キャッシュバックのあるサイトからお店を予約するのがもっとも効果的。
うまくいけば飲み代をカバーしてさらにおつりが来る究極の方法です。

 

飲み会の店をネット予約する際、いつもホットペッパーとかぐるなびに頼っていませんか?

もしそうなら、最近はもっとドラスティックにキャッシュバックをできるところがありますので、そこを使えば一気にお得度がアップしますよ。

代表的なのがこちらの「ぐるリザ 」です。

 

最大で50%もキャッシュバックがあるのが特徴。

5万円のお会計なら2万5千円があなたのフトコロに入ってくるわけです。こうなったら完全にプラスですよね。

しかも、幹事にとってありがたいのは、「その場ではあたかも普通にお金を払っているように見える」ということ。

 

MASUDA
会計のときにクーポンをごそごそ出しているのはカッコ悪いですし、ややもすると「何コイツ、もしかして自分だけ得しようとしてる?」と思われたらもう最悪ですからね。

 

「ぐるリザ」の使い方はいたってカンタンです。流れはこんな感じ。

ぐるリザでキャッシュバックまでの流れ

1. ぐるリザ に登録
2.ぐるリザのサイトからお店を探す
3.割引クーポンを入手
4.お店を予約
5.クーポン提出不要で支払い(この時点では割引なし)
6.支払った金額をぐるリザのサイト上で申請
7.ポイントバック
8.ポイントを現金やWEBマネーに交換!

 

ちなみに登録は2分もあれば完了します。もちろん無料ですのでご安心を。

 

キャッシュバックのためのポイント申請時にはレシートと、予約時に発行されるIDが必要になりますのでお忘れなく!

 

戦略その2:予約するだけでポイントがつくお店もターゲット!

ぐるリザで狙ったお店が予約できればベストなのですが、毎回毎回同じようなところを選ぶわけにもいきませんし、最悪の場合予約できないことも想定しておいたほうがいいです。

そうした場合にバックアッププランとして有効なのが、みなさんご存知の「食べログ」です。

 

食べログには予約するだけで人数分のTポイントがもらえるお店が結構あります。
代表的な例では予約人数×50ポイントがもらえるので、10人の飲み会なら500ポイントが入ってきます。

ご存知の方も多いと思いますが、Tポイントは1ポイント=1円でいろいろなものと交換できます。

ですので、予約した瞬間500円もらったのと同じ効果があるわけです。

 

 

参考:Tポイントの使いみち

ちょっと話がそれますが、Tポイントの使いみちで個人的なツボは吉野家です。

支払いでお札をくずして小銭が増えるのはイヤですよね。

けど電子マネーの残りも少ないな・・ってときには、Tポイントで支払いができるのでおススメなのです。

牛丼なら1杯280円とか380円です。

その程度なら、一回の飲み会で貯まったポイントで十分まかなえます。

一食トクした気になれるので、Tポイントを何に使おうか迷ったら、ぜひ吉野家で使えることを思い出してください!

 

幹事で得をしたいのであれば、できるだけ予約の時点で利益確定を目指しましょう。

 

戦略その3:支払いは絶対、幹事がカードで払うべし!

ぐるリザを使うにしろ食べログでTポイントをゲットするにしろ、最適化戦略の最後に欠かせないのがクレジットカードによる支払いです。

 

飲み会の幹事をするのが面倒な理由のひとつは、お金の管理ではないでしょうか。

大人数の飲み会ともなると、まとまった金額の支払いになります。

で、その場で精算をしようとすると、必ず現金を忘れてくる人がひとりはいます。

MASUDA
あれ、腹立ちますよね・・。

 

それくらいならまだしも、なぜかみんなから集めたはずの金額では足りない・・なんて事も起こります。

みなさんも一度くらいは、そういう経験ありませんか?

その度にいちいちみんなに問い詰めるのもお互い気分がよくないですしね。

 

ならばいっそ、みんなの代わりにカードでまとめて支払いをしておいて、飲み会の翌日に徴収する形にすればその心配はありません。

それに、参加者の手間を省くのも幹事の重要な役割ですから、カードで払うことに異議を唱える人もまずいないでしょう。

 

翌日はみんなシラフですし、人が変わったようにまじめに払ってくれますよ笑
なんならエクセル管理すれば完璧です。

 

幹事の儲け、という観点でもカード払いのほうが断然有利です。

この場合、儲けの源泉はカードに付与されるポイント。

金額が大きければ大きいほど、カードを使ったときにもらえるポイントも多くなります。

しかも、このポイントはごっそり自分のものですからね。

 

ポイントをためやすいカードを1枚、幹事業務専用として持っておくのがいいでしょう。

せっかくなので、食べログとの連携を考えて、Tポイントが貯まるカードを選びたいところ。

年会費無料で審査も早く、使い勝手がいいのはYahoo!Japanが発行する【YJカード】 です。

還元率も1%と高いですし、今入会するとそれだけで5,000ポイントもくれるそうです。

で、3ヶ月以内に使えばもう3,000ポイント。

これだけで、なんと8,000円相当のポイントをゲットできてしまいます。

 

用がないときは使わなければいいだけですので、持っていて損はないですよ。
(というか、損しろというほうが難しい気が。。。)

 

まとめ

もう一度、飲み会で稼ぐ幹事のための最適化戦略をおさらいしましょう。

 

幹事のための利益最適化戦略

①キャッシュバックが使えるサイト「ぐるリザ 」から予約する店を探す
②仮にいい店がなければ、食べログでTポイントが貯まる店を探す
③上記①、②いずれの場合も、支払いは幹事が【YJカード】 を使って精算しポイントを貯める

 

あとはこれを愚直に毎回繰り返すのみ。

 

この3つの組みあわせの利点は、飲み会の前後どちらかでほぼ確実に利益を上げることができるというところです。

ぐるリザと食べログの両方で予約ができず、かつ予約したお店が現金払いのみでカードが使えない、というケースはほとんどないでしょう。

そもそも予約をする時点で少なくともカードが使えるかどうかはわかるはずですから、なんらかの事情で幹事がカードを使ってはいけない!とでもならない限り、この戦略は少なくとも部分的には機能するはずです。

かなり大げさになってしまいましたね笑

 

ですが、現代は情報戦です。

どこに稼げるチャンスがあるか目を皿のようにして探すだけでなく、集めた情報をもとに考えることが大事。

そしてさらに重要なのが、実際に行動に移すこと。

飲み会の幹事はその好事例なのかもしれませんね。

 

この戦略で、幹事のみなさんにはぜひ、面倒な仕事を引き受ける対価を手に入れていただければと思います。

 

 

本日は以上です。最後までお読みいただきどうもありがとうございました!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください