月1万円の副収入がほしいあなたへ。堅実な3つの方法と、かかる時間・費用の目安



サラリーマンの税金や社会保険料はじわじわ上がっていて、せっかく昇給しても手取りはほとんど変わらない、なんてことも多いですよね。

そのせいか、

周りの人
こうなったら自分の身は自分で守るしかないな・・。いっちょ副業でもやるか!

と言い出す人も周りに増えてきました。

ただ、カンタンに月10万も20万も稼げる方法なんてあるわけないです。

ラクして稼ごうとすると「何もせずに月収100万!」みたいな怪しい広告をクリックしてしまい、結局その広告主が何もせずに月収100万を達成するのをお手伝いするのがオチです。

急がば回れ。

まずは地に足をつけて、月1万円の副収入を得るにはどうすればいいか、どのくらいの時間と手間がかかるのかというところからはじめてみましょう。

副業をスタートしようか迷っている人の参考になれば幸いです。

その気になればだれでもできる!月1万円を得るための代表的な副業3つ

じゃあどんなことをやればいいのか。

ご参考までに、私もやっているおススメの副業3つをご紹介していきます。

目安として、月1万円に到達するのに必要な時間と費用(初期投資)も載せていますので、ご自身の状況に応じてできそうなものから手をつけていただければと。

副業その1:Webライター

月1万円達成の目安
・費用:無料(当然、PCとインターネット環境は必要)
・時間:1日2-3時間程度

空いた時間でを有効に使いたいなら、まずおススメしたいのがWebライターです。

あらかじめ仕事を請け負うためのサイトに登録しておき、好きな時間にアクセスして仕事を探します。PCで文章が書ければ、いつでもどこでも仕事を請け負うことができるのがメリットです。

何を書けばいいのかわからない・・・なんていう心配は無用で、発注先がいろいろと「お題」を出してくれます。

その中からこれなら書けそう!というのを選んで書けばいいので、基本的にネタ切れの心配もなし。

では、月1万円を稼ぐのにどのくらいの数をこなさないといけないかについても触れておきましょう。

実はWebライターの単価は正直言ってあまり高くありません。1文字あたり0.5円~1円前後が多いです。

つまり、原稿用紙1枚書いて200円から400円程度

これだけ見ると、安っ!と思ってしまいますが、月1万円を稼ぐなら原稿用紙25枚~50枚を1か月かけてこなせばいいわけです。

1日あたり原稿用紙せいぜい1,2枚ですから、使う時間もたかが知れています。

それに、書いているうちに段々スピードも上がってくるので、効率はどんどんよくなってきますよ。

高品質なものが書けるようになれば、それを武器に単価がさらに上がっていく可能性があるのもWebライターのいいところです。

効率よく稼ぐコツは発注数が多いサイトに複数登録しておき、案件を探す時間を減らすこと。

大手のランサーズとかクラウドワークス あたりがいいですね。

 

副業その2:高配当株式投資

月1万円達成の目安
・費用:トータルで300万円~400万円程度
・時間:一度に使える元本次第だが、目安は1,2年以上。

Webライターとはうってかわって、自分の時間はもう1秒たりとも切り売りしたくない!という方におススメなのが株式投資。

といっても、ここで言っているのは値上がり益(キャピタルゲイン)を得るデイトレのような話ではありません。

株式の配当(インカムゲイン)を確実に積み重ねて月1万円を目指すという作戦です。

 

当然、株式を買うのでそれなりに元手は必要。

ここでいう「高配当」というのはだいたい利回り(税引き後)で4%くらいを想定しているので、月1万円(年間12万円)を稼ぐには300万円くらいのお金を投下するイメージです。

・・・わかります。しんどいですよね。

もちろん一気に300万円も株に突っ込める人なんてごく一握りです。

なので基本はある程度時間をかけてコツコツと資産を積み上げていくことになります。

 

あとはどの株を買えばいいか?というのがポイントです。

この手の話をすると普通は「インデックスファンドを買いましょう」というのが答えになります。

もちろんそれが教科書どおりのアプローチではありますが、あえてここでは個別の株式を選ぶ方法を取りたいと思います。

銘柄選定についてはぜひいろいろな人の意見を参考にして、自分に合ったスタイルを選びましょう。

私自身は以下のとおり3つのシンプルな基準を持っています。難しい財務分析をしなくても、ある程度の見通しは立てられますのでご参考まで。
(もちろん、分析はやるに越したことはないですよ!あと、投資は自己責任です。)

銘柄選定のポイント
・嗜好品を売っていて客が離れにくいビジネス(タバコ、酒など)
・借金がない、もしくは少ないビジネス
・利権がからんでいるビジネス(簡単につぶせない)

持っている銘柄からひとつだけご紹介すると、たとえばJT(日本たばこ産業)なんてどうでしょうね。直近、2018.11月の利回りで5%前後です。

無借金経営ではないですが、たばこ税の関係もあってそうそう簡単にはつぶれないでしょう。

極端な話、いまこの瞬間にJT株を300万円分買えば、一撃で月1万円の副収入決定!となります。

MASUDA
リスクが高いので、そんなやり方おススメはしないですよ、念のため・・・。

今はやりのNISAなども組み合わせていくと、一定の非課税枠を使えるのでさらに目標達成への速度があがりますね。

そうそう、投資をするためにはまず証券口座がないといけません。

おススメは楽天証券かSBI証券です。

両方ともWebでの取引で、手数料が安いのがメリットです。 インターフェースも使いやすいので、少しいじればすぐに慣れますよ。

>>> No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

>>> 【楽天証券】<期間限定>最大20,700ポイントキャンペーン

副業その3:ブログ運営

月1万円達成の目安
・費用:年間1万円程度
・時間:1年前後。早い人はもっと早い。

最後はこれです。

稼いでいるブロガーさんもたくさんいるので、一度は考えたことがある方もいらっしゃるのでは。

収入源はブログに来てくれた方が見てくれる広告です。

あとはたまに、お問い合わせフォームから記事の執筆をお願いされたりすることもありますね。

ブログもWebライター同様、必要な初期投資はほとんどありません。

サーバーのレンタル代とドメイン(HPのアドレス)代くらいなものです。

あとは時間をみつけてひたすら記事を書いていくだけ。

Webライターと似ていると思われるかもしれませんが、ブログの場合は書いた記事がずっと残るので、うまくいくとその記事が長い間収益を生んでくれます。

そういう意味ではむしろ株式と似たところがありますね。

 

私は当サイトのほかにもいくつか特化サイトと呼ばれる、特定のテーマだけを扱うサイトを作って運営しております。

サイトを作ってから月収が1万円に到達するまでにだいたい1年くらいかかりました。

片手間でやっていたのと、何より私のセンスがないこともあるのでしょうが、ネット上で他の皆さんの様子を見ると早い人では数か月で月1万円程度の収入が発生していますね。

なお、広告はASPという、広告主とブロガー、アフィリエイターをつなぐ会社のHPから見つけることができます。

基本どこも登録無料なので、いったんどんな広告が出ているのか先にみておいて、作りたいサイトのイメージをもっておくといいでしょう。

ASPの最大手はA8.net です。サイトを作る前からでも登録できますよ!

>>>A8.netの申し込みページはこちら

 

副業3つを組み合わせるのが最強?本業も合わせれば目標達成はすぐそこ!

さて、すでにお気づきかもしれませんが、ここで紹介した方法はどれかひとつだけを選ぶ必要はありません。

余裕があれば全部やってもいいわけですよね。

理想的なのは、たとえばWebライターとブログ運営の収入を全額株式投資にまわすことでしょうか。

そこに本業からの収入も一部投資にまわしていけば、意外とあっという間に月1万円に到達できそうです。

さらに言うと、いったん軌道に乗ってしまえば、副収入を得るために使わなければいけない時間はどんどん減っていきます。

この例でいえば、ある程度の資金を株式に投じることができれば、Webライターで時間の切り売りをする必要がなくなっていく、ということなのです。

こうなるとかなり楽になりますし、精神的にも余裕がでますね。

 

仮に残業時間が減ったとしても、月1万円分までは大丈夫という安心感があれば日々の仕事にも余裕がもてます。

また、月に1回ちょっとおいしいものを食べたとしても、給料日前に慌てなくても済むようになります。

あるいはこの1万円をさらに再投資して、もっと副収入を増やす方向にもっていくのもありです。

面白いもので、資本というのは時間がたつと雪だるま式に増えていきます。

もし月1万円の副収入が達成できていたとしたら、おそらくそれを月2万円にするのに倍の時間はかかりません。

いずれにしても、副収入1万円のもつ効用は大きいですよね。

※副業による収入の増加に加え、家計の固定費削減も同時に行うことでさらに家計は豊かになります。ぜひこちらも併せて読んでみてくださいね。

保険の見直しは無意味?本当に効果的な固定費削減をランク付け

2017.07.24

 

まとめ

月1万円というわかりやすく現実感のある目標を設定し、そこに至る時間と費用の目安をお伝えしました。

当たり前ですが、やればもしかしたら1万円を大きく超えるリターンがあるかもしれませんし、やらなければ1円にもなりません。

現状をちょっとでも変えてみたい!と思っているあなたの後押しになっていればこれほどうれしいことはありません。

ぜひ、ものは試しで少しずつチャレンジしてみていただけたらと思います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください