一生サラリーマンやって、社長や役員になりたい?会社員の出世の限界と対策。



「めざすは社長!」なんて働き方はもう時代遅れ。

でも、実は内心、

「社長はムリでも、せめて役員くらいになれたら御の字。最悪、同期よりは出世したい!」

と思っている人は多いですよね。

私も出世レースの先頭を走りたくて、MBAをとってみたり、毎年の評価が良くなるよう、会社の人事評価ルールを研究したりしてきました。

ですが結局、早いと30代の終わりくらいで大体どのあたりまで出世できるかがぼんやり見えてきてしまうのも事実。

そうすると、 「ああ、結局オレも一生しがない普通のサラリーマンかよ・・・」 と急に空しくなってくるのではないでしょうか?

「出世の限界が見えたのに、一生サラリーマンやるのがいいのか?」

「そもそも社長や役員を目指す意味ってあったのか?」

という疑問に気づいてしまったらどうすればいいのか、というのがこの記事のテーマです。

私と同じように出世の限界を感じ、これからどう過ごすか?という人生の岐路に立っている方の参考になれば幸いです。

サラリーマンであること自体は悪いことばかりでもない

まず誤解のないように言っておくと、サラリーマンであることが100%無意味かというとそうでもありません。

企業にずっと勤めていると、それだけで社会的な信用が増すというのは他にはないメリットです。

公務員や大企業にある程度の年数いるだけで、銀行が何千万円というお金をポンと貸してくれるというのは考えてみればすごいことですよね。

また、社会保険料を会社が半分払ってくれていることや、福利厚生も考えると、あながちサラリーマンであること自体は否定するものではありません。

ただこれが、

「一生サラリーマンとして、社長や役員のいすを目指して出世競争を続けるのはいい選択なのだろうか?」

というと話は変わってきます。

サラリーマンの出世が魅力的でない理由

何だか負け惜しみみたいでちょっと恥ずかしいのですが、冷静になって「ずっとサラリーマンやって、一生懸命出世する意味って何?」と考えれば考えるほど、実はそんなにいいことないんじゃないか?という気がしてきます。

そう考えると、出世の先が見えてしまったことはむしろ幸運だったとさえ思えます。

ちょっと考えてみるだけでも、出世したらしたで面倒だな、ということはたくさんあります。例えばこんな感じですね。

・会社での出世の決まり方は不条理極まりない

そもそも、会社の出世レース自体が必ずしも平等ではありません。

会社によるところも多いでしょうが、たとえば○○大学卒じゃないと出世コースに乗れないとか、特定の部署を経験していないと役員に上がれないとか。

個人の実力とはまったく関係のないローカルルールがいっぱいあります。

もっとひどいのになると、今の役員の好き嫌いとかいうまったくもって理不尽な尺度で出世が決まってしまう・・・という例も掃いて捨てるほど見聞きします。

MASUDA
よくも悪くも「何でアイツが・・・」という人事って、どこの会社にもありますよね?

かといって、今更どこかの派閥に属したりするのもイヤだな、というのが人情。

そんなことまでして出世したくない!と思うのは人として立派だと私は思います。

・出世しても結局は誰かの部下。社長になっても株主には勝てない

たとえめでたく出世したとしても、基本的にサラリーマンは一生、「誰かの部下」です。

なお悪いことに、出世すればするほど、自分の上司からのプレッシャーは強くなっていくもの。会社にトップに近いから当然ですよね。

こうなると、段々モノが言えなくなっていくのも当たり前です。

そうこうしているうちに立派な社畜の出来上がり・・・なんていうのも切ない。

 

よしんば社長になっても、今度は株主からのプレッシャーにさらされることになります。

もしかしたらそっちのほうが辛いかもしれませんね。何せ、下手すれば株主からクビにされてしまうので・・・。

こんな感じで、どこまで行っても結局サラリーマンはずっと誰かの言うことを聞いて定年まですごさないといけないわけです。

MASUDA
だったら、出世する意味って何?という気がしてしまうのも無理はありません。

・たとえ大企業の役員になっても、稼げる額には限界がある

出世していいことといえば、何といってもお金でしょう。

ところが残念ながら、日本のサラリーマン社長は地位や責任に見合うだけの収入をもらっていない場合がほとんどです。

実際、調べてみると、日本の経営者もサラリーマンである限りはかなり安く買いたたかれていると言ってもいいでしょう。

東洋経済の調査によると、日本の社長は従業員と比べて平均すると4倍程度の給料しかもらっていません

10倍を超える会社でみても105社だそうです。

(参考:https://toyokeizai.net/articles/-/198548

MASUDA
ちなみに、1位はLINEですが、あそこはもともと韓国の会社ですね。

これに対して、アメリカではCEOと一般従業員の格差は平均すると300倍くらいになるのです!

(参考:http://work.chron.com/ceo-compensation-vs-world-15509.html

従業員と社長で差がつきすぎるのも問題ですが、逆にいうと日本のサラリーマン社長にはあんまり夢がないな・・・という気にもなってしまいますよね。

ましてや、何となく社長や役員にはなれなさそうだな・・・という、私と同じような大多数のサラリーマンはどうすればいいんだ、って話です。

出世の先が見えたサラリーマン生活の解決策は?

行き止まり

これが20代や30代の若いうちなら、いっそ転職でもするか!とか、起業して一発逆転を狙ってやる!という気になるかもしれません。

でも、さすがに40も過ぎたら、そんな大それたことは考えないのが普通ですよね。

だとすると、あとは「定年までの時計の針をいかに早く進めるか?」ということにフォーカスするのが現実的な解決策です。

早期にサラリーマンを終えられる方法としては、たとえば不動産投資があります。

株式投資と違って、銀行からの借り入れによるレバレッジが効くのが一番のメリット。

少ない元手でも稼ぎが多くなるのでそれだけ早く資産形成できて、結果として早く会社を去ることができる、というわけ。

サラリーマンとして長く勤めてきたことのメリットを最大限に生かして融資を獲得すれば、自分の貯金だけではとても買えないような物件を買うことが可能になります。

 

といっても、さすがに今のタイミングでそんな大きな買い物をするのは不安だ・・・と言う人は、まず一度しっかり基礎を勉強してからのほうがいいでしょう。

その場合、オススメはファイナンシャルアカデミーです。

物件選び、収支計算、融資、節税、管理、空室対策、リフォームなど、不動産投資家になるために必要なスキルをゼロからすべて教えてくれます。

今の自分に不動産投資ができるか、というところから知りたい人には向いていると思います。

 

一方でもっと安全に、できるだけ元手はかけずに資産を作っていって早めにサラリーマン生活を終えたい・・・と言う人にはアフィリエイトが向いているかもしれません。

先ほど紹介したファイナンシャルアカデミーにはアフィリエイトのコースもありますので、そちらにも申し込んでみてはどうでしょうか?

 

いずれにしても、出世の限界が見えて一生サラリーマンをやり続ける気がなくなったのであれば、少しでも早く先の見通しを立てて、いつ会社を去ることができるかを数字に落とし込んで予測を立てることです。

もしかすると、今の貯金を考えたら、意外と早く会社を辞めて自由になれるかもしれませんよ。

 

まとめ

一生サラリーマンで終わるのがいいのか?という問いは、一度は真剣に考える価値のあるものだと思います。

忘れてしまいがちですが、出世レースから外れるのではなく、自ら「降りる」という主体的な選択もあります。

そして、それは決して「負け」ではないのです。

私は自分である程度の計算をしたうえで、投資によって時計の針をさらに進めることを選択しました。

不動産投資や太陽光投資をしていますが、そこそこ利益も出ていますよ。

私のようにちょっとリスクをとってでも早めにサラリーマンを切り上げようとするか、定年後のシミュレーションをバッチリ行ったうえで脱出のタイミングを図るか。

どちらにしても、これから何を目指すか自分で決めていいのではないでしょうか。

もう、誰かの言うことを聞くだけの人生は卒業したいですもんね。

MASUDA
お互いがんばりましょう!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください