保険もロボアドの時代?みんかぶ保険の「じぶんの保険デザイン」のメリット・デメリット



みなさんこんにちは。

投資信託やETFなどの銘柄選定をやってくれるロボアドバイザーが日本でも徐々に浸透してきましたね。

ですが、ロボアドの活躍する範囲はさらに広がり、保険についても提案をしてくれるということをご存知でしょうか?

今回はそんな保険ロボアドのひとつ、みんかぶ保険の「じぶんの保険デザイン」というアドバイザーについてメリットやデメリットをお伝えします。

既存のFPによる保険アドバイスと何が違うのかや、保険ショップとのメリデメ比較が知りたい方、あるいはすでにロボアドを知っていて、ためしに使ってみたいという方のご参考になれば幸いです。

みんかぶ保険「じぶんの保険デザイン」とは?

まだ日本ではめずらしいこの「じぶんの保険デザイン」ですが、今流行りのフィンテックの保険版、インシュアテックという分野に属するものです。

ですが、実はこのサービスをはじめたのは保険会社ではありません。

投資家向けのサイト「みんなの株式」と三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社であるジャパン・デジタル・デザイン(JDD)という会社が共同で立ち上げたものです。

 

みずほ銀行のJ.Score(ジェイスコア)といい、最近は銀行がこの手の新サービスの開発に積極的ですね。

※J.Score(ジェイスコア)って何?という方は以下も併せてご覧ください。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングでAIに評価されてみた【評価経済社会】

2017.12.04

「じぶんの保険デザイン」の使い方

「じぶんの保険デザイン」には、「かんたんにデザインする」と「しっかりデザインする」という2パターンの提案が可能です。

「かんたんにデザインする」で要求されるのはたった3項目のみ。

  • 性別
  • 年代
  • 家族構成

これを入力して「デザインを見る」をクリックすると、いろいろな生命保険について目安を教えてくれます。

ただし、「かんたんにデザインする」はホントにかんたんな分個別のニーズに合致しているかというと微妙なところ。で、結局はある程度詳細を入力することになります・・・。

 

ですので、最初から「しっかりデザインする」を選んだほうがベター。

以下「しっかりデザインする」の流れを少し解説していきますね。

「しっかりデザインする」を選ぶと、先ほどの3項目に加えて以下のような項目を入力してくことになります。

「しっかりデザイン」追加入力項目

・職業、資産について
⇒手取り月収や退職金の見込み額、預貯金など
・家族と住宅について
⇒家族の生年月日や住宅ローンの有無、返済額や完済予定など
・すでに加入中の保険について
⇒保険の内容や月々の保険料など
・保険選びで重視する点について
⇒新しさ、評判、人気の高さ、外貨建てか、の4項目に優先順位をつける

これらを終えると、一般的に自分と同じようなプロフィールの人が加入している保険についてロボアドが下の写真のように概要を出力してくれます。

また、チェックのついた各項目でさらに細かい質問に答えることで、提案の精度を高めることができるようになっています。

(写真では出ていませんが、このページの下部にQ&Aを入れるタブが用意されています。)

 

また、隣の「グラフで確認」を選ぶと今の状況やおすすめされた概案保険料などがきれいにビジュアル化されて出てきます。

なお、この内容についてはPDFで保存することもできます。

「じぶんの保険デザイン」のメリットは?

今のところ、「じぶんの保険デザイン」を使うメリットは以下の2つかと思います。

・対面の必要がなく、いつでもどこでもサービスを利用できる

一番のメリットはこれでしょう。

対面で相談に行くと営業されそう・・・という人が最初に保険商品の大枠を考えるには、こうしたロボアドに訊いてみるのがちょうどいいですね。

また、そういうニーズのある人はたいてい忙しくて平日にあまり時間が取れないでしょうから、いつでもどこでも相談(?)できるロボアドは便利です。

・世の中の人がどんな保険に入っているか、という「平均値」がわかる

もうひとつのメリットとしては、「他の人はどういう保険に入っているのか」という世の中の状況を「じぶんの保険デザイン」が教えてくれること。

あまり普段、まわりの人とどういう保険に入っているか、っていう話はしないですよね。

いざ自分が入る段になると「そういえばみんなどうしているんだろう・・・」と急に気になるものですが、「じぶんの保険デザイン」が代わりに教えてくれるので便利です。

 

「じぶんの保険デザイン」のデメリットは?

反対に、デメリットも2つあります。

・保険代理店ではないので、商品は自分で探す必要がある

みんかぶ保険のHPにはいくつか保険会社の名前が出ているのですが、みんかぶ保険自身が保険の代理店になっているわけではありません(今のところ)。

そのため、せっかくプランは作ったものの、いざそれに沿って商品を組み立てるとなると、自分でHPから保険会社をたどっていくか、結局は自分でロボアドの提案書をもって保険ショップに行くしかないようです。

MASUDA
んー、このままじゃあんまり意味ない気が・・・。

・提案の対象となっているのは生命保険のみ

また、「じぶんの保険デザイン」でデザイン可能なのは生命保険のみ。

自動車保険や火災保険といった損害保険の提案はそもそもできません。なのでここは従来どおり自分で探すなり、代理店に行くなりしないとダメです。

ここが整備されてくると使い勝手がよくなっていいんですけどね。

まとめ:「じぶんの保険デザイン」は発展途上。今後に期待!

保険ロボアドとしてサービスを開始したみんかぶ保険の「じぶんの保険デザイン」ですが、現時点ではまだまだ発展途上といったところ。

今できる現実的な使い方としては、プランの大枠を「じぶんの保険デザイン」で決めておいて、あとは比較サイトで詳しい見積もりを取って加入する商品を絞り込んでいく・・・といったところでしょうか。

ですが、将来的には具体的な保険商品を提案したり、保険会社ごとに微妙に異なっていてわかりづらい保険商品の中から最適なものを予算に合わせてチョイスしてくれる・・・というところを目指しているようです。

今後もウォッチしていきますので、サービスのグレードが上がってより便利になったらまた情報をシェアしていきますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.